秋の遠足

昨日は、秋の遠足で雄踏総合公園に行きました。

朝から青空が空一杯に広がり、秋の心地良い風が吹く遠足には

最高の日になりました。

すずらん、たんぽぽ組は、バスで出発!

ひまわり組は、バスと徒歩、ゆり組は、徒歩で現地に向かいました。

 



信号機や横断歩道に気をつけながら歩きました。

道行く人に挨拶をしたり・・・、


道中、魚釣りをしている方に釣ったばかりのハゼを見せてもらい

子どもたちは目をキラキラさせていました。

改めて春日の子たちは、地域の人々の温かさや優しさに見守られて

育っているんだなぁと思いました。


公園に到着した後は、子どもたちお待ちかねの自然散策タイム!

自分たちで作ったお手製のバックを下げて、秋探しスタートです。


『 大きなどんぐり みーつけた!! 』


『 かえったら、ママに見せてあげよう。 』


ペットボトルのバックに溜まっていく秋の宝物をとても嬉しそうに

見せてくれましたよ☆



お友だち同士で、見つけた秋を見せあいっこする姿も・・・。


ふれあい遊びでは、異年齢同士のグループに分かれて楽しみました。


大好きなゆり組さんにギューッとハグしてもらって とっても嬉しそう〜🌼



『 一緒に遊んでくれてありがとう!! 』


たくさん遊んだあとは、お弁当の時間です。

おうちの方の愛情たっぷりのお弁当をおなかいっぱい頂きまーす!!


木立の下にシートを敷いて友達と弁当を食べました。


たくさんの思い出ができた秋の遠足になりました★






2019年10月10日