ごっこ遊び

先週行われた 【 ごっこ遊び 】の様子です。

満三歳のすずらん組と乳児部の子どもたちは、お客さんになって楽しみました。

幼児部の子どもたちは、店員になって接客をしたり、時間で交替して

お客さんとして 各保育室をまわりました。


☆たんぽぽ組は、スイーツ屋さん
『 いらっしゃいませ~! ケーキはいかがですか? 』

『 甘くておいしいドーナツもあります。 』

元気いっぱいの呼び込みにお客さんが増えてきましたよ。

『 これくださーい!! 』
『 100円です。 』自分たちで作った手提げバックに入っている画用紙
のお金で買い物します。

『 出来立てのドーナツです。どうぞ。 』

『 ありがとう!! 』

 

☆ ひまわり組は、食べ物屋さんです ☆

色とりどりの美味しそうな食べ物がいっぱい並んでいます。

 

素敵なエプロンをした店員さんが、笑顔で待っていてくれました🌼

『 ハンバーグは、熱いですよ。 』『 おはしをどうぞ。 』


『 ふわふわのわたがしは、いかがですか!! 』

わたがし屋さんは、きれいな色が並んでいて 味も選べて工夫されていましたよ。

 

『 いただきまーす! 』

 

☆ ゆり組は、動物園と水族館です。 ☆

エサやりコーナーがあったり、ショーがあったりと子どもたちの

アイディアが溢れていましたよ。

 

『 イルカのショーが始まるよ~。 』

ザップーン ザップーン 大きなイルカが水しぶきをあげて

ショーを盛り上げます。

 

亀とペンギンのエサやりもとっても人気がありました。

 

 

子ども自身が興味・関心あるものになりきって遊ぶ、ごっこ遊び。

想像力や表現力、そして友達同士が関わることでコミュニケー

ション能力が育まれます。

春日こども園恒例のごっこ遊びは、子どもたちの自由な発想と笑顔が

たくさん見られる行事のひとつです。

2020年02月12日